こんにちは、めいです。

女優の大竹しのぶさんには、33歳と27歳にの大きなお子さんがいらっしゃいますね。

27歳のお子さんは、誰もがご存知のIMALUさんです。芸能界でも有名ですよね。

それでは33歳のお子さんはというと、息子さんがいらっしゃいます。

芸能界には入っていない息子さんのようですが、名前を二千翔(にちか)さんというそうです。

今回は大竹しのぶさんの息子の父親、つまり旦那様について調べました。

他にも息子さんについても調べましたので最後までご覧下さい。

 

スポンサーリンク

大竹しのぶの息子、父親がゲスだった!

大竹しのぶさんの息子さんである二千翔さんは、明石家さんまさんのお子さんではありません。

それでは父親は誰なのかというのは、大竹しのぶさんの最初の旦那様であるドラマディレクターをしていた服部晴治さんという人です。
二千翔さんの父親である服部晴治さんはTBSのドラマディレクターをしていてTBSドラマ「恋人たち」に出演した大竹しのぶさんと出会いました。

その後、大竹しのぶさんとは結婚に至りますが、服部晴治さんは癌性腹膜炎により結婚して5年で亡くなってしまいます。

その間に生まれたのが二千翔さんでした。

調べるところによると、女遊びが激しく、浮気もよくしていたという服部晴治さんでしたが、さすがに癌が見つかり入院となっては遊んでもいられません。

手をつくしていた服部晴治さんですが、47歳という若さで亡くなってしまうのです。

大竹しのぶの息子、大学や高校はどこ?


それでは、二千翔さんはどのようにして育っているのでしょうか。

優秀さもかなり大きいようで高校受験をした際はかなり高偏差値な慶応義塾・慶応義塾志木・早稲田大学高等学院・立教新座・青山学院高等部のすべてに合格しているのです。

そして、慶應義塾高等学校に進学しました。

本当に驚きの天才ぶりです。

ちなみに高校は大学と同じく慶応義塾大学への進学をしたそうです。

大学を卒業した後は、アメリカへ行っていたそうです。

ただ、その際にしていた職業については、情報を得ることができませんでした。

スポンサーリンク

大竹しのぶの息子、現在の職業は?


二千翔さんはアメリカから帰国した後、有限会社エスターという会社で働いていました。

エスターという会社はどういう会社なのかというと、一言でいうと「芸能事務所」です。

エスターでは大竹しのぶさんやIMALUさんが所属していました。

この会社で、副社長として大竹しのぶさんやIMALUさんのマネージメントをしていたようです。

 

家族のマネージャーとして働く傍ら、gemmyというサイトの運営もしていました。

gemmyというのは、Webサービス・コンテンツ制作のプロフェッショナル集団のことだそうです。

そこでは、LINEスタンプまで出しています。

 

さらには他に、「芸能人になりたい」という人のためのオーディションサイトも運営をしているのだそうです。

芸能界にがっつりと出ているわけではないけれど、二千翔さんは運営などで色んな人のサポートをしています

 

大竹しのぶの息子、明石家さんまと仲良し?

明石家さんまさんとは血がつながっていない義理の息子となる二千翔さんですが、明石家さんまさんとはどういう仲なのでしょうか。

二千翔さんさんには亡くなったとはいえ本当の父親が別にいます。

その後、明石家さんまさんと大竹しのぶさんが再婚し、二千翔さんと明石家さんまさんも家族となりました。

そして、明石家さんまさんは、二千翔さんを誰よりも愛していました。

実の娘であるIMALUさんよりも、帰ってから先に頭をなでるのは二千翔さんでした。

ありさ
寂しいだろうと気遣った明石家さんまさんの粋な計らいですね。

 

明石家さんまさん、さすがはムードメーカーです。

どんな場所でもたくさんの人のことを考えているのですね。

しかも、明石家さんまさんは、子供たちにお父さんと呼ばせず「ボス」と呼ばせていました。

これも二千翔さんさんが、そう気安く明石家さんまさんのことを「お父さん」と呼べないだろうと考えた結果だそうです。

ここから読めることは、明石家さんまさんと二千翔さんはとても仲良しだということです。

ラジオなどでも話題に出すくらいの明石家さんまさんがいますから、仲良くないなんてことはありえないですね。

まとめ

大竹しのぶさんの息子である二千翔さんは、とても頭がよく、実父ではないといえども明石家さんまさんとはとても仲が良いのです。
たくさんの愛情に支えられ、立派な大人に育っている息子を見る明石家さんまさんも、鼻が高いことでしょう。
仲良しの場面を、いつかテレビで見られる日が来ると良いですよね。

スポンサーリンク