僕たちがやりました

僕たちがやりました マルって誰?


【僕たちがやりました】は、2017年7月18日(火曜日)午後9時から放送されるドラマです。

その中に登場する、主人公の増渕トビオの遊び仲間のマルは一体どんな役柄なのかという事を見ていきたいと思います。

そして、マルを演じる葉山さんについても色々みていきましょう。

 

僕たちがやりましたのあらすじは?

凡下高校に通う高校2年生の増渕トビオ(窪田正孝)は、大きな夢などは一切持たず「そこそこで生きられればいい」というのが一番のイマドキの高校生。

彼女ができて浮かれていたトビオだったが、同級生の3人とボウリングやカラオケに出かけ、そこそこ楽しい日々を過ごしていた。

だが、ヤンキーの巣窟と言われている矢波高校の市橋が仲間に支持をし、凡下高校の生徒を暴行するという事件が発生してしまう。

警察も傷害事件として捜査を始め刑事の飯室(三浦翔平)達が動き出している中、事態は深刻なものになっていく。

そんなある日、トビオとマルこと丸山友貴(葉山奨之)は、矢波高校の生徒達が暴力行為を行うところを目撃してしまい、マルが小声で言った言葉が市橋の耳に届いてしまい目をつけられる事になってしまいます。

目をつけられる事になってしまったトビオ達だったが、その一方で幼馴染が市橋と朝帰りする姿を目撃し、衝撃を受ける。

そんな中、マルが市橋のグループに捕まってしまい暴行を受け、痛々しい姿になってしまいその姿を見かねたトビオは、矢波高校への復讐計画を練ることになる…

僕たちがやりましたのマル(丸山友貴)ってどんな役柄?

僕たちがやりましたのマル(丸山友貴)って一体どんな役柄なのか皆さんはご存知でしょうか?

原作の漫画を見ていらっしゃる方はよくご存知だと思うのですが、この役を演じるには覚悟が必要だとネット上では話題になっております。

髪型は原作のマル(丸山友貴)もマッシュルームヘアの男の子だそうですが、性格は真面目に見えて意外とダメな男の子だそうです。

その、ダメさがイメージを大きく崩し、その事もあり、演じる側は相当批判があるので覚悟がいるという事です。

漫画でもとても印象に残っている一人ですので、相当な役柄なのではないかと予測できます。

放送がまだなので、どの程度のダメな男なのかわかりませんが楽しみですね。

そこも含めて楽しんでいきましょう。

僕たちがやりましたのマル(丸山友貴)を演じる葉山奨之のプロフィール

葉山 奨之 (はやま しょうの)

生年月日:1995年12月19日生まれ

大阪府出身で2011年から活動をしています。

身長は177cmと高めの血液型はO型です。

「クローズZERO」で主役を務めた小栗旬さんに憧れて中学3年生の時に現事務所のオーディションを受け、合格しました。

そして、2011年に放送された「鈴木先生」でドラマに初出演を果たしております。

本名などは非公開とされていますので、葉山奨之さんというのは芸名なのが分かりました。

大学には進学せずに俳優の道を邁進されていらっしゃいますが、高校はどこに通っていたなども情報はありませんでしたが、交友関係を少し調べてきました。

最近、共演が多く仲が良いとされているのはNHKドラマ「まれ」で共演された土屋太鳳さんや、「青空エール」で共演された竹内涼真さんです。

そして、今回のドラマ「僕たちがやりました」の女性限定トークショーが行われ同じく共演されている間宮さんと地元大阪で、軽快なトークを繰り広げられ、ドラマへの注目をまた集めました。

共演した方とはとても仲が良くなる方なのでしょうか?

演技力もとてもある方なので注目です!

僕たちがやりましたのマル(丸山友貴)を演じる葉山奨之は彼女はいるの?

2011年頃から多数のドラマや映画に出演されていてとても人気である事が分かりましたが、熱愛中の彼女が居るのかが気になりますよね。

噂が出ている女性は一人、同じく俳優の黒島結菜さんです。

ケータイ会社のCMがきっかけで交際に発展したのではないかととても噂になってますが、そのCMも黒島さんが恋人役として登場されていました。

これがそのCMです。

見てるとこっちがキュンってきますよね!

ですが、週刊誌等には熱愛の情報などはなく、二人の目撃情報もないので噂に過ぎないのかもしれません。

まとめ

『僕たちがやりました』は、原作は私も知っていますが、あまり見たことがなかった作品です。

でも、今回のドラマ化で今からでも見てみようかなっと思っています。

マル(丸山友貴)を演じる葉山さんの演技にも要注目です。

今後も活躍が、楽しみの葉山奨之さんや「僕たちがやりました」を是非お楽しみに!