ごめん、愛してる

【ごめん、愛してる日本版】 キャスト、主題歌、あらすじ、韓国での評判は?


2017年7月にスタートする日曜劇場「ごめん、愛してる」

この作品は韓国で2004年に放送されたことがあります。
今回日本版が放送されるということで、注目されているんです。

そこで今回は「ごめん、愛してる」あらすじ、キャスト、主題歌について紹介していきます。

 

 

 

《ごめん、愛してる》のあらすじは?

まず「ごめん、愛してる」のあらすじから紹介していきます。

幼い頃母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律

底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。
そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性、三田凛華を助ける。

後にこのことが、二人の運命を大きく動かすことになるのである…。

《ごめん、愛してる》に出演するキャストは?

《岡崎律》長瀬智也

岡崎律は血の気が多く、喧嘩が強い。その一方で人間的な温かみを持つ男。

 

岡崎律を演じるのは長瀬智也さんです。

長瀬智也さんと言えば、アイドルグループTOKIOのメンバーとして活躍。
そしてこれまで数々の作品に出演しており、俳優としても活躍しています。男くさい熱い男を演じることが多いですよね。
そんな長瀬智也さんですが、今回は19歳の時に出演した「ラブとエロス」以来久しぶりのストレートなラブストーリーに挑戦します。

《三田凜華》吉岡里帆

三田凛華は、他人のために自己犠牲をいとわない、純情で愛情深い女性。

 

今回ヒロインを演じる吉岡里帆さんは、現在24歳。

今注目されている若手女優さんです。
2014年に女優デビューし、まだ作品数は多くはないのですが、演技力は評価されています。

 

《日向サトル》坂口健太郎

日向サトルは、元ピアニストである母親の英才教育を受けて育ち、卓見した演奏技術とルックスで、老若男女問わずに絶大な人気を誇るアイドルピアニスト。

 

坂口健太郎さんは今注目の若手俳優さんですよね。

朝のNHK連続ドラマ小説「とと姉ちゃん」に出演しブレイク
その後数々の役を演じているイケメン俳優です。

 

《日向麗子》大竹しのぶ

日向麗子は、アーティスティックな元一流ピアニストだったが、その後に挫折を経験。

現役時代は世界で活躍してきたことからプライドが高く、周囲を振り回す傾向にあるものの、サトルに対しては自分の持ちうるすべての愛情を注ぎ甘やかしている母親。

 

大竹しのぶさんは、実力派のベテラン女優さんです。

これまでドラマに映画と数多くの作品に出演。
役によってまったく演じ方が異なり、ほんとに同一人物なの?と疑いたくなるほど役に入り込むその姿はまさに女優。
若手俳優や女優もいる中、どのような演技を見せてくれるのか楽しみです。

 

 

《ごめん、愛してる》の主題歌は?

韓国版の「ごめん、愛してる」の主題歌は、日本の歌手である中島美嘉さんが担当。

主題歌は「雪の華」でした。

 

日本版の主題歌はまだ決まっていません。

決まり次第紹介しますね。

誰が歌うのか楽しみですね。

 

《ごめん、愛してる》は韓国で人気?

「ごめん、愛してる」は2004年に韓国で放送されたテレビドラマです。

韓国で大ヒットしたドラマで、なんと視聴率は、あの「冬のソナタ」を越えたほど!!なんと最高視聴率29.2%を記録したんです!!

「ごめん、愛してる」は韓国では「ミアナダ サランハンダ」というタイトルで放送され、韓国では「ミサ」の愛称で親しまれました。

このドラマが終わるとドラマが頭から離れなくなり何も手につかない「ミサ廃人」と呼ばれる人が増え社会現象にもなりました。

 

韓国版《ごめん、愛してる》の評判は?

「ごめん、愛してる」に関する感想を見ると、とにかく泣ける。

主人公の人生が辛くて泣けるという意見が多いようでした。

まとめ

いかがでしたか?韓国で放送されていたドラマで、日本でもファンが多かったこの作品。

日本版で放送が決定して喜んだ方は多いのでは?もしかすると嫌だなと思った方もいるかもしれません。

よくも悪くも注目されているこの作品。

どのような作品になるのか、ぜひ注目して楽しみにしていましょう。