コードブルー

コードブルー3 8話 ゲスト(堀内豪役/ジャーナリスト)はだれ?9月4日


9月4日に放送されたコードブルー3の第8話。

今回は成田空港で男性が倒れたとドクターヘリ要請が入ります。

その男性の処置を巡って事件が起こります。

 

コードブルー3の8話のゲストはその男性(ジャーナリストである堀内豪さん)です。

 

このページではコードブルー3の8話のゲストであるジャーナリストである堀内豪さんを演じているのは誰か?紹介します。

スポンサーリンク

コードブルー3 8話のあらすじは?

藍沢耕作(山下智久)天野奏(田鍋梨々花)のリハビリの様子を離れて見ていたがおはじきを裏返すことさえなかなかできない奏に声もかけられない。

その日、灰谷俊平(成田凌)が駅のホームから転落し負傷して以来はじめて救命の職場に復帰した。灰谷の事故は睡眠薬の効き過ぎでホームから落ちたという説明になっていたが、白石恵(新垣結衣)らは灰谷が自殺しようとしていたのではないかと疑っていた。そんな空気を灰谷に悟られまいと普段通りでいようとするのだが、白石や藤川一男(浅利陽介)もぎこちなくなってしまう。

そんな時、成田空港到着ロビーで男性が倒れたとドクターヘリ要請が入る。緋山美帆子(戸田恵梨香)名取颯馬(有岡大貴)雪村双葉(馬場ふみか)が現場に向かうと、男性はショック状態でエコノミー症候群が疑われるとのこと。名取がラインを取ろうと患者の腕に針を刺すとその刺激で患者が覚醒、突然暴れて腕を振り払った。そのせいで、名取は一度患者の体に入った針を緋山の指に刺してしまう。初療室に運び込むとその患者、堀内豪(天田暦)は吐血。エコノミー症候群ではなく何か別の要因があると考え橘啓輔(椎名桔平)は急遽スタッフたちにゴーグル、ガウン、マスクなどを着用するよう指示を出す。感染症研究センターにも連絡し堀内の検体を採取して送ることに。緋山は処置を続けるが顔色を失っていく。名取も気にしないではいられない。

密かに緋山は藍沢に、名取のことには触れずに患者のラインを取る際あやまって針が指に刺さったと告げ、自身の血液サンプルも感染症研究センターに送って欲しいと依頼する。そんな時に堀内がICUで亡くなったと冴島はるか(比嘉愛未)が告げに来た。堀内はジャーナリストとして西アフリカ各国を回っており、自然保護団体の取材のため動物との接触もあったという…。

コードブルー3 8話のゲスト(ジャーナリスト/堀内豪さん)はだれ?

天田暦さんです。

【本名】天田暦
【生年月日】1964年2月3日
【出身地】東京都
【血液型】A型
【趣味・特技】鉛筆画、散歩特技乗馬(4級)、ゴルフ(HC9)、居合い、英会話
【学歴】成城大学経済学部卒業
【所属事務所】バイザウェイ
サラリーマン金太郎やガリレオや相棒などのドラマの他にもザ・プレミアム・モルツやモスバーガーなどのCMにも出演してマルチに活躍をしています。
☆★コードブルーの関連記事はこちら★☆
スポンサーリンク