ニュース

公正取引委員会がジャニーズ事務所を調査?


公正取引委員会が大手芸能事務所を対象に不公平な契約が結ばれていないか調査を始めました。

ジャニーズ事務所も調査するのでしょうか?

スポンサーリンク



公正取引委員会がジャニーズ事務所を調査?

芸能人の所属事務所からの独立や移籍をめぐってトラブルになるケースが相次いでいることから、公正取引委員会が大手芸能事務所などを対象に独立や移籍を一方的に制限するなど、独占禁止法に抵触するような不公正な契約が結ばれていないかどうか、調査を始めたことが関係者への取材でわかりました。
芸能人と所属事務所の関係をめぐっては、事務所側が認めなければ独立や移籍ができなかったり、事務所を辞めた後の芸能活動を制限したりする契約を結んでいるケースがあり、専門家はこうした契約が芸能人の独立や移籍をめぐるトラブルの背景にあると指摘しています。

このため、公正取引委員会が芸能人と所属事務所の間で独占禁止法に抵触するような不公正な契約が結ばれていないかどうか、調査を始めたことが関係者への取材でわかりました。

調査の対象となるのは、大手芸能事務所や業界団体などで、芸能人の独立や移籍を一方的に制限したり、独立や移籍をした芸能人の活動を妨害したりする行為をしていないかどうか調べるということです。

公正取引委員会は今後、芸能界の契約について調査結果をまとめ問題点を指摘することを検討しているということです。

NHKニュースより引用

 

ジャニーズ事務所といえば、事務所を辞めた人はテレビに出させないようにとテレビ局に圧力をかけたり、スマップを無理やり解散させたりとかなり悪評がたっていますよね。

 

テレビ局に対してもかなり傲慢な態度を取ってます。

例えば、所属事務所のタレントが出演したドラマの視聴率が悪ければテレビ局のせい。

が、視聴率が良ければ『所属事務所のタレントのおかげ』。

また、共演女優のキャスティングに関してもかなり口出しをします。

 

まさに『ジャニーズの、ジャニーズによる、ジャニーズのためのドラマ』です。

ジャニーズ事務所から独立した人たちのその後

田原俊彦さん

1994年にジャニーズ事務所に相談せずに個人事務所を設立し、結婚。

これに激怒した事務所上層部が翌年に開催予定だったコンサートツアーを中止。

そして、居場所がなくなった田原俊彦さんはジャニーズ事務所から独立しました。

その後、大手レコードレーベルが手を差し伸べようとしましたが、ジャニーズ事務所の逆鱗を恐れて手を引きました。

 

スポンサーリンク



 

ジャニーズファンの声は?

 

スポンサーリンク